〒242-0004 神奈川県大和市鶴間2-11-29 Tel.046-219-9090

内視鏡検査(当院の得意な検査です)

内視鏡検査

胃や腸の検査として一般的に行われているのが、レントゲン検査と内視鏡検査です。
特に当院では、精度の高い内視鏡検査に力を入れています。
内視鏡検査は、食道、胃、腸を内視鏡装置を使って直接見るため、病気の発見を短時間で正確に行うことができます。また、ポリープなどの病気を発見した場合、その内視鏡装置を使って、発見したポリープを切除することができるため、がんの早期発見や予防に役立てることができます。

一般には、内視鏡検査は苦しく、時間がかかり大変だといわれていますが、現在では装置や技術が進歩し、楽に短時間で検査を行うことができます。当院でも、最新の装置を使い無痛の検査を行っています。
検査時間も、胃内視鏡で10分程度、大腸内視鏡は15分~30分程度で終わります。

なお、内視鏡検査の他に、お腹(特に肝臓、胆のう、腎臓、すい臓など)の検査として、超音波検査があります。この検査は、超音波診断装置を使い、お腹の上から機械(プローブといい、お腹の表面を滑らせてお腹の中を見る)を当て、検査をします。この検査は、苦痛もなく時間も5分~10分程度で済みます。この検査では、肝臓、胆のう、腎臓、すい臓などの病気が発見できます。腹部が痛い、不快だ、苦しい、という時は、まずやる検査です。

内視鏡
【内視鏡】
超音波診断装置
【超音波診断装置】

大腸ポリープ/ポリープ切除

大腸ポリープとは・・・

大腸にできるイボのような出っ張りですが、このようなポリープは癌の細胞を含んでいる事があります。自分の大腸にポリープや癌ができているかどうかを症状で判断することは困難ですが、最も多い症状が「血便」です。ところが「血便」で最も多い原因は「痔」です。痔をお持ちの方は血便に気付いても「痔のせいだろう!」と考え、大腸の検査をしません。しかし、検査を怠ると大腸ポリープや大腸癌を見落とすことになります。

大腸ポリープや大腸癌の発見には大腸カメラの検査が最も良い検査方法です。他の方法では見落としてしまう場合がありますが、大腸カメラでは、その心配が少ないです。また、ポリープはカメラで切除することが可能です。是非大腸カメラでの積極的な検査をお勧めします。

大腸カメラ下のポリープ切除術

(1)
大腸カメラでポリープを発見。

大腸カメラ下のポリープ切除術(1)
(2)
ポリープの根元に薬を注入して
ポリープを浮かせます。
大腸カメラ下のポリープ切除術(2)
(3)
電気メスの通った投げ縄状の
「スネア」をポリープにかけます。
大腸カメラ下のポリープ切除術(3)
(4)
電気メスで通電して
ポリープを切除します。
大腸カメラ下のポリープ切除術(4)
(5)
切除されたポリープの根元の
粘膜は一部欠損します。
大腸カメラ下のポリープ切除術(5)
(6)
欠損した粘膜にはクリップをかけて
補修し、出血も抑えます。
大腸カメラ下のポリープ切除術(6)
  • ホーム
  • クリニック紹介
  • 診療案内
  • 内視鏡検査